自分が嫌いだったところを認める

こんにちは、トラストコーチングスクール認定コーチ 飯田恵子です。

 

先日、親戚とピアノのセッションをしました。

セッションと言っても、

私は「きらきら星」を片手で弾いただけなのですが・・・

 

相手が私が弾いた小学生のようなピアノをアレンジしてくれました。

 

楽しかった~♪

 

小学校の頃に姉妹で親戚からピアノを習っていたのですが、

私は落ちこぼれでした。

 

録音がある発表会で演奏が止まってしまい、録音された数秒間の無音がトラウマに(笑)

 

メキメキとピアノが上達していく姉とは反対に、

練習もレッスンもサボりがちになりドロップアウト。

 

でもセッションを楽しんで、こう思ったんですよ。

 

私はピアノが嫌いでも、音楽が嫌いでもなかった。

嫌いだったのは姉に比べてピアノが下手くそな自分と、途中でやめてしまった自分。

 

でも姉の前で、下手くそなピアノを弾いた自分がちょっとだけ好きになれた。

 

自分が嫌いだったところを認めるということは、
これからもっと楽しめるということなのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)