「人の役に立つ」ということ

トラストコーチングスクール認定コーチ 飯田恵子です。
 
 
フェイスブックの投稿を見ると「私も頑張ろう!」という気分になれる人がいます。

 
 
 
 小学生のお子さんがいるワーママの方。

 
 
 
私が知る限り、子育てをこうしたらいいよ、ああしたらいいよということは全く書かれていません。

子育て中の日々に起こったことや、感じられたこと、ご自身の行動を発信されています。

 
 
 
うまくいっていることばかりではなく、時には失敗したり、あたふたと育児や家事に追われている様子をそのまま発信されているように見えます。


 
 
 
さて、今日のタイトル「人の役に立つこと」ですが、私は2種類あると思っています。


 
 
1つは、人のために直接何かをやること。

 
 
 
もう1つは、直接何かをするわけではないけれど行動や発信が誰かに影響を与えていること。


 
 
冒頭に書いた方のお話は後者になりますね。


 
 
会ったこともないのに、こんなふうに人に頑張ろうという気持ちを与えたり、勇気付けたりすることができる。


 
 
これから人の役に立つであろうことを勉強中の時も、やることを決めきれずにいる時も、人の役に立つ方法はあるかもしれません。


 
 
 

コーチングを体感しながら、コーチングを学ぶ
トラストコーチングスクール  コーチング講座

自己肯定感を育てる、お母さんが迷わない子育て
マザーズコーチングスクール  マザーズコーチング講座

 

ご予約可能日はこちら→ スケジュール

記載日時以外をご希望の方、お問い合わせ歓迎です。

 

お問合せ・お申し込みは → こちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)