コーチングを学んで良かったこと その1

トラストコーチングスクール/マザーズコーチングスクール認定コーチ 飯田恵子です

私が初めてコーチングを知ったのは、2004年のことでした。

子育ての場でのママのためのコーチングで、ママ友から誘ってもらったコーチング講座に参加しました。

2人目の子育て中の時で、子育てはやっぱり大変でしたけれど、1人目の子育ての時に持っていた悩みはありませんでした。

き夜泣きや離乳食などの悩みは、いつかは終わるということを確信していたからかだと思います。

その代わり、明らかに1人目の時とは違う体力の衰えに

こうして子育てしているうちに月日が経っちゃうんだろうな・・・

「私はこのまま子育てだけして終わってしまうの?」

と、よく分からない悶々とした気持ちになることがあったんです。

当時専業主婦だったので、家族としか口を聞かない日も多くて、コーチングの場で自己紹介する時間があったのですが、自分のことを話すのが久しぶりで・・・

自分の何を話したらいいのかも、よく分からなかったくらい。

公園でおしゃべりするママ友とかいたのですが、だいたい子どもの話で、自分の話はしていなかったですから。

その時知ったのが、コーチングの「聴く」というスキル。

相手が「聴く」ということに徹してくれていると、人は気持ちよく話すことが出来るんだということを体感しました。

自分も相手の話をコーチングスキルで「聴く」と、今までとは違ったものが見えてきます。

当時からコーチングを学び続けていたら・・・
と今は思っているのですが

私、その後コーチングを学ばなかったんです。

その時お互いの話をきっかけに、地元でママのためのハンドメイドのイベント主催をするに至りました。

それが楽しすぎて、この後コーチングのこと忘れちゃったんですよね(苦笑)

でもこの初めてコーチングを学んだ日が、私がその後自宅教室をオープンしたり、

今コーチになっている原点です。

コーチングを学んで良かったこと①は「聴く」という体験ができたこと。

それによって、自分のやりたかったことが動き出したことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)