心を整える

コーチングの場面で「心を整える」

という言葉を聞くことが増えました。

私がこの言葉ですぐに思い浮かんだのは、長谷部誠さんの「心を整える」という本です。

説明するまでもないかもしれませんが、長谷部誠さんは、日本代表で長くキャプテンを務められたサッカー選手。

本が出版されたのは2014年で、私が読んだのもその頃だったと思います。

当時「プラス思考」を書いた本が多く店頭に並んでいる中

「最悪のケースを常に想定している」

と本の帯だったかPOPだったかに書かれていたのが、長谷部選手の本を手に取ったきっかけです。

スポーツ選手って、勝利や成功のイメージをしっかりと描いて試合に臨まれるとばかり想像していたので、珍しいなと感じたんですよね。

その中で印象に残っている言葉を引用させて頂きます。

最悪のケースを考えるというと、なんだか悲観主義のように思われてしまうかもしれないけれど、僕はそうは思わない。

最悪を想定するのは「失敗するかもしれない」と弱気になるためではなくて、何が起きてもそれを受け止める覚悟があるという「決心を固める」作業でもあるからだ。

~引用ここまで(「心を整える」長谷部誠さん著より)

物事って、なんでもプラスに考えれば良いというわけではないと思っていたので、この文章に共感しました。

だからと言って、マイナスの思考や言葉が良いというのではなく

「愚痴だけではなく負の言葉は全て、現状を捉える力を鈍らせてしまい、自分で自分の心を乱してしまう」とも書かれていらっしゃいました。

本当にその通りだと思います。

心が乱れてしまう時は、外からの要因もあるかもしれません。

でも本当に心を乱してしまうのは、自分自身の言葉なのかもしれませんね。

コーチングを体感しながら、コーチングを学ぶ
トラストコーチングスクール  コーチング講座

自己肯定感を育てる、お母さんが迷わない子育て
マザーズコーチングスクール  マザーズコーチング講座


ご予約可能日はこちら→ スケジュール

記載日時以外をご希望の方、お問い合わせ歓迎です。

 

お問合せ・お申し込みは → こちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)