40代、50代からコーチを目指すのは遅過ぎる?

こんにちは
トラストコーチングスクール 飯田恵子です

昨日は、コーチトレーニングにオブザーブ参加しました。

その後、代表が発信したフェイスブック投稿から引用させて頂きます。

〜コーチという職業は、これまで積み上げてきた信頼がある年配の方が提供することで、より深い安心感を相手に与えることが出来ますから、

コーチになるのに、遅すぎることは絶対にありません。

ただ逆に、自分の成功体験から、決めつけが、全身全霊から出やすくなるので、そこをコーチングを身につけ、コントロールできるようになれば、これまでの人脈を活かし、すぐに、ずっと選ばれるコーチになれると思います。〜

私は、40代でコーチになりました。

この年代だから・・・と選んでくださったクライアントさんもいて、やはりコーチになるのに遅過ぎることは絶対にないと思っています。

いっぽう、決めつけが出やすくなるというのも、まさにその通り。
「決めつけていないか?」という問いはよく自分にしているんですよね。

40代、50代からでは遅い・・・

そう決めつけていませんか?

コーチングを学びながら、コーチングを体感する

短期間で資格取得も目指せる!

トラストコーチングスクール認定講座