年齢を重ねる上で、叶えられることも失うこともある

私は次男が0歳だった時、子育ての場で「コーチング」という考え方を知り、それがきっかけで自宅でアクセサリー教室を開くということを叶えることが出来ました。

「どうせ無理」

そう思っていたことに対して、考え方が変わり、行動が変わったから。

苦手だったパソコンやアメブロに取り組んだのも、40歳を過ぎてからでした。

現在アメブロは4500名以上の方にフォローして頂いていますが、

これもまた「どうせ無理」とばかり思っていたら叶わなかったと思っています。

そして教室はお陰様で満席になり、8年間継続したのですが・・・

ペンチでのアクセサリー製作で指の関節を痛めてしまい、やむなく教室を閉鎖。

自分の夢が叶った、ライフワークに出会えた、ずっとやっていきたいと思っていた時に、です。

今は症状は回復したのですが、その時に年齢や経験を重ねたり、努力することで叶うこともあれば、呆気なく失うこともあるのだと気付いたんですよね。

私のようなケースではなくても、ご自身の体調、子育て、転居、介護などといった事情で「手放す」「失う」こともあるかもしれません。

でも、私たちが受けてきた教育って「努力して叶える」「継続する」のようなことがメインで、いざ失った時のこと、仕切り直すというあんまりなかったと思いませんか?

まあ、若いのだから、あとは大人になってからということでしょうか。

でも40歳を過ぎてからは、軸がしっかりとあり、かつ、しなやかな考え方が必要。

それも私にとっては「コーチング」という考え方でした。

今の年齢だからこそ、改めて自分の軸を確認し、しなやかな考え方を育んでいきませんか